<お客様と仲間の為に存在すべきだ>

 

 

少子化が大問題だと言っても、世界人口は増え続けている。

 

 

成長と言っても、いつ誰と出会い、どんな影響を受けるかで人も会社も激変する。

 

 

一流の上場大企業が、去年立てた計画予想も、毎年大幅に修正しているのに、10年先、20年先、の

 

 

中期計画なんて誰が信じる?

 

 

自分の事もわからないのに、どこの企業が、どこに、どの様に展開してくるかなんて、想像つかないはず。

 

 

そんな夢をちらつかせていても、お客様も仲間も幸せにはなれない。

 

 

当社は、上場も完全否定している。

 

 

当社は株主の為に存在するよりも、実際のお客様と仲間の為に存在すべきだと考えている。

 

 

会社の動きで考えている事は、ゆくゆくは日本酒造りもしてみたいし、ホールディングス化もいつかくるだろう

 

 

少子化問題で友好的な関係の世界への展開、流通の仕事も始まっているし、平成18年3月10日取得した

 

 

卸売り免許を活用して、全国流通を行う事や、アカデミー賞のプランナーである、米国企業との商品企画が

 

 

始まっているので、メーカーとのジョイント作業や、企画作業も始まっている。

 

 

昨年のルイヴィトンやベルサーチ等のパーティーを通じたコラボ系もまた何か出来るだろう。

 

 

米国のブランド育成会社の依頼での米国商品の開発も、商社の商品開発委員としての仕事も、国内最大の

 

 

BtoBサイトとの共同企画、世界第2位の大手スーパー用の商品企画など仕事のオファーなんて山程ある。

 

 

そんな中でそれぞれの期待に応え、答えを出して行けばいいだけである。

 

NEXT→

Copyright(C) 2013 KAWASAKI GROUP of LIQUOR Co.,LTD. all rights reserved